海洋散骨やみんなの海洋散骨に関するご質問にお答えいたします

海洋散骨について分からないことやお悩み、ご不安なことなど多くあるのではないでしょうか。
みんなの海洋散骨では海洋散骨に対するご不安や疑問を解消し、ご納得いただいた上で散骨を行っていただきたいと考えております。
ここでは一部ではございますが、お客様から頂くよくあるご質問についてご紹介いたします。
また他にもご質問やご不明なことがある場合はこちらからもご相談ください。

ご相談フォーム

海洋散骨について

海洋散骨葬の宗教や宗派は?
海洋散骨はあくまでも自由葬ですので、宗教や宗派はこだわりません。どなた様にもご利用いただける葬送の形ですのでご安心ください。
散骨はいつ行なうのが良いのでしょうか?
実施時期につきましては、火葬後直ちに、四十九日後、一回忌後、と様々で故人やご遺族のご希望の時期に行なわせていただきます。
散骨する遺骨の量はどれぐらいが適当なのでしょうか?
ご遺骨の全てをご希望される方や、分骨(お遺骨の一部をお墓に、一部を散骨)をご希望される方など様々ですが、あくまで故人やご家族のご希望により決定いたします。

料金&サービスについて

散骨にはどんなプランがありますか?
散骨には海に散骨する「海洋散骨(海洋葬)」と、陸に散骨する「自然葬(樹木葬など)」があります。
どちらも散骨をする準備として必要なのは、ご遺骨を粉末状にする「パウダー化」です。ご遺骨は粉末にしなければ散骨できないためです。それ以外の内容(かかる費用)につきましては「海洋散骨」と「自然葬」のそれぞれでかなり内容が違ってきます。
散骨のお値段(相場)を教えてください。
散骨には、海や陸で行うなどいくつかの種類があり、価格はその種類や会社によって差があります。
「海洋散骨」にもセレモニーを行う場合から委託散骨の場合まで種類がいくつかあり、海洋散骨の会社によってもプラン・実施内容が違いますので、一般的な価格や相場については、はっきりと示しにくいです。
代わりに散骨をお願いする場合の価格はおいくらですか?
委託散骨の価格ですが、散骨業者のお見送りの内容により様々です。委託されたご遺骨を1か所に合同で散骨する「合同委託散骨」の場合と、個別に場所を変えて散骨する「個別委託散骨」の場合とを比べますと、「合同委託散骨」のほうが比較的お安くなる傾向にございます。

分骨について

もし分骨(ご遺骨の一部を手元に残)した場合、残した遺骨はどうなりますか?
ご遺族さまそれぞれによって違うので一概にお返事するのは難しいです。手元供養用の壺などに入れて仏壇に置かれたり、部屋の一角にテーブルなどで保管するスペースを作られたりすることもあります。
法的には自宅に遺骨を保管しておくことは問題がないとされていますので、ご家族の希望で自由に自宅保管が可能です。
ただ、自宅の庭などに埋葬したり散骨したりすることはできません。墓地埋葬法により「墓地以外の区域に埋葬(または焼骨の埋蔵)は行ってはならない」と定められているためです。
手元に残したご遺骨の保管でお困りなことが将来的に出てきましたら、私どもみんなの海洋散骨では、最初に海洋散骨された海上の位置を特定できます。つまり一度目の散骨と全く同じ場所に、ご自宅で保管されていたご遺骨を散骨することができます。
遺骨を全部海に散骨するのが寂しくて、海洋散骨を決断できません。どうしたらいいですか?
私共がご提案しているのは「寂しくなくなるまで待つ」もしくは「ご遺骨全てを散骨せず、一部を手元に残す」という散骨方法です。
手元に残したご遺骨のその後がご心配かもしれませんが、後から残しておいたお骨を散骨することもできます。みんなの海洋散骨で散骨をさせていただいた場合は散骨海域の記録を残してございますので、最初に散骨したのとまったく同じ海域に散骨できます。ご安心ください。

船について

高齢のため船に乗船できません。代わりに海洋散骨してもらえますか?
海洋散骨時に船への乗船が難しい場合は、「代行委託散骨」という形で散骨業者に依頼していただけます。そうすることで、ご家族が乗船せずに海洋散骨を行うことができます。
船酔いが心配なのですが?
船酔いによく効く酔い止めをアドバイスさせていただきますので服用されると安心です。
また、どうしても乗船は困難と思われる方には、代行委託散骨をご用意しております。

その他ご相談について

まだ海洋散骨をするか決断していません。相談するだけでも電話してよいですか?
実際に、まだ散骨を迷っておられる段階、散骨について調べている段階でお電話をいただくこともあります。ほとんどの方が初めての経験であるため、「実際にかかる費用」「散骨の仕組み」「散骨可能な場所」「お墓の有無」などのご相談のお電話をいただくことがございます。私共がわかることはその場でお答えしております。もちろん、ご相談のお電話で散骨を決められる方もいれば、止められる方もいらっしゃいます。みんなの海洋散骨では「故人の新たなる船出」の為に、お役に立てればと思っております。
散骨をしたいのですが、遺骨がなくなると思うと寂しさを感じます。どうしたらよいですか?
散骨は自然に還るという意味で、本来お墓への埋葬と同じ役割を果たすものです。海洋散骨によりご遺骨がなくなるのではなく、故人が海へ旅立った、母なる海に還っていったと私どもは考えております。
ただ「お墓参り」の習慣により、手を合わせる場所が無いのはすごく寂しいことだと思われる方も多くいらっしゃいます。散骨は希望しているけれども寂しさで散骨するタイミングを決断できない、とても心理的に負担があり辛く感じられるという場合には、手元にいくらかのご遺骨を残しておく、または散骨した海域へ向かって手を合わせること、をご提案しております。
親類に海洋散骨を反対されています。どうしたらいいですか?
海洋散骨を故人や喪主様がご希望されていても、ご家族/ご親族から思いとどまるよう説得されているというお話は実際に多くあります。私共でもそういった相談のお電話を頂戴することもございます。
説得の材料といたしましては、海洋散骨がどのようなものであるかの正しい知識と、どうして散骨をしようと思ったのかという経緯説明が大切ではないかと考えております。散骨はいつでも自由に行うことができますので、お急ぎになることなく、ご家族/ご親族と話し合いをされるのが良いと思います。
また、故人のご遺志で散骨される場合、喪主様は故人の最後の希望を叶えるお役目にすぎませんので、お一人で必要以上に悩まれることのないようにとお声かけさせていただいております。
散骨は有名人や芸能人のための特別(高額)なものだと言われました。私たち一般の遺族が散骨することはできますか?
散骨はどなたでもご希望いただくことが可能です。また、散骨は必ずしも特別で高額なものとは限りません。
海洋散骨は、ひとつの「葬送」の形です。ご希望される故人、ご家族のお気持ちで、場所や費用も含めて、自由なスタイルで海洋散骨は行うことが可能です。
私どもみんなの海洋散骨では、ご希望の多い形に添った4つのプランをご用意しております。また、私共の経験では散骨をご希望の方々は一般の方ばかりです。著名・有名人の方以外の散骨を日々行っております。
親族や家族から「海洋散骨したら、お墓はどうなるんだ」と言われました。どうしたらよいのでしょう?
お墓については、故人の代で墓じまいされる場合と、墓じまいされない場合で違います。
墓じまいされない場合でも海洋散骨はできます。ご遺骨をお墓に納めるものと、海洋散骨するものとに分ける「分骨」という方法をご提案しています。
墓じまいされる場合は、ご親族やご家族に墓じまいを理解・納得していただければ、ご遺骨すべてか一部を自宅保管して残りを海洋散骨することになります。もし周囲の理解が得られないなどご心配がありましたら、ご相談に乗らせていただきます。
みんなの海洋散骨の資料請求 散骨を検討中なら資料をご覧ください! 資料請求 散骨についてのお問い合わせ まずはお気軽にご相談ください! お問い合わせ
みんなの海洋散骨の資料請求 散骨を検討中なら資料をご覧ください! 資料請求 散骨についてのお問い合わせ まずはお気軽にご相談ください! お問い合わせ