海洋散骨の参加は何人まで?乗船人数について

海洋散骨とは、粉末状になるまで細かくした遺骨を海に撒いてご供養する方法ですが、遺骨を撒くには船で海に出ていく必要があります。

海洋散骨を検討している方は、海に出るにはどのような船で行くのか、何人くらい乗れるのか、など実際に行う方法が気になるところでしょう。

そこで今回は、海洋散骨をする上での乗船人数などについて詳しくお話しいたします。

海洋散骨は船のタイプによって乗船人数が違います

海洋散骨は漁船などではなく、クルーザータイプの船で沖合まで出て行うのが一般的です。

ただ海を航行するのではなく、沖合に出て大切なセレモニーを行うのですから、乗り心地も非常に重要です。ピカピカに磨かれていることはもちろんのこと、安定感が重要ですね。

また、海洋散骨は基本的に季節を問わず実施されます。真夏や真冬の気候が厳しい時期であっても、セレモニーを行う場所まで移動するときに快適に過ごせるということが重視されます。

乗船人数はクルーザーの大きさによって違ってきますので、人数に応じたクルーザーの大きさを選びます。

船酔いが心配な方は、少し大きめのクルーザーの方が安定感があって酔いにくいかもしれません。

小型クルーザーの可能人数

海洋散骨での小型クルーザーの乗船人数

 

4~5名乗り、あるいは10名程度乗れるクルーザーを小型クルーザーといいます

少人数で乗船するタイプになりますので、ごくごく身近な人だけで静かにお見送りしたいという方に向いているでしょう。

小さいクルーザーですと船酔いが心配かもしれませんが、酔い止めを飲んでおけば大丈夫でしょう。場合によってはなるべくすぐに戻れるように、できるだけ近場で散骨をしてくれる業者さんもいます。

中型クルーザーの可能人数

海洋散骨での中型クルーザーの乗船人数

 

20~30人程度乗ることができる中型クルーザー。親族だけで貸し切ることも可能です。友人、知人などをお呼びすることもできるでしょう。

中型クルーザーの場合は、貸切で使う場合もありますし、他のご家族とご一緒に乗る合同プランがある場合もございます。

小型クルーザーよりは費用がかかりますが、少し広めの船で、家族だけでゆっくりと散骨がしたいという方にも向いています。中型クルーザーはファミリー向けのクルーザーといえるでしょう。

大型クルーザーの可能人数

海洋散骨での大型クルーザーの乗船人数

 

大型クルーザーになりますと40~50名以上、70名ほど乗れるくらいの大きさのクルーザーもございます。

このくらいの大きさになるとクルーザーというよりは客船に近く、家族だけというよりは合同散骨のプランが多くなるでしょう。

クルーザーはどう選べばいい?

例えば配偶者の方お一人で乗船される場合もあると思いますし、お子様もご一緒に散骨場所まで行かれることもあるでしょう。

乗船人数が少ない場合には小型クルーザーで十分だと思います。

ご家族以外にも親戚の方も含めて10~20名程度になる場合には中型クルーザーが適しています。

少しゆったりと過ごしたい、家族だけでゆっくりと食事をしながら時間を過ごしたいという方は、人数が少なくてもあえて大きめのクルーザーを選ぶ方もいます。

あまり小さなクルーザーですと、少人数しか乗れませんし、中でゆっくり食事をするスペースがない場合もあります。

人数はもちろんのこと、どのようにしてお見送りをしたいのか、時間の過ごし方によって選ぶということも大切でしょう。

海洋散骨は乗船人数によって料金が違うの?

海洋散骨での乗船人数別クルーザーの選び方

 

船の大きさによって乗船人数が違ってきますので、それによって海洋散骨の料金も違ってくるのでは?料金体系はどうなっているの?など、どのくらいの費用がかかるのかを知りたい、という方も多いと思います。

料金体系としては、クルーザーの大きさによって決められていることが多いです。

例えば定員が10人の場合、10人乗っても7人乗っても料金は同じという形になるので、乗船人数が多いほど1人あたりの負担は少なくなります。

ただしこれは海洋散骨を行う会社によってシステムが違いますので、1人あたりの料金がいくらと表示しているところもあります。

小型クルーザーですと10万円前後が一般的でしょう。基本料金に1人増えるごとにいくら、というような料金体系のところもあります。

中型クルーザーで貸切ですと25万円前後になりますが、他のご家族と合同での散骨になると、1家族あたりのご負担はもう少し少なくなるでしょう。

大型になると貸切なのか合同の散骨なのかによって料金が違ってきます。貸切の場合は20~30万円くらい、合同ですと1家族あたり10~15万円くらいのところが多いです。これも、基本料金プラス1名ごとにいくら、となっている場合もあるので、よく確認をしてください。

海洋散骨の乗船人数は家族の気持ち次第

海洋散骨をするにあたって、このくらいの人数で行かないといけないという決まりもありませんし、現地に必ず行かなければ供養ができないというわけでもありません。

海に出るということはそれなりに遠くまで出向かなくてはいけませんので、行ける人はどうしても限られてくるでしょう。

費用を抑えたいという理由で海洋散骨を選ばれた方は、限られた人数で小さめのクルーザーを選ぶと良いですし、ゆっくりと身内だけでお見送りしたいという方は、中型のクルーザーでゆったりと過ごすというのもいいかもしれません。

実際に参加される人数や構成に応じて、使用船舶の大きさを決めることが大切です。

みんなの海洋散骨の資料請求 散骨を検討中なら資料をご覧ください! 資料請求 散骨についてのお問い合わせ まずはお気軽にご相談ください! お問い合わせ
みんなの海洋散骨の資料請求 散骨を検討中なら資料をご覧ください! 資料請求 散骨についてのお問い合わせ まずはお気軽にご相談ください! お問い合わせ